you are currently on our japan site

visit the links below for our international branches

MY | TH | ID | PH | KR | SGUS | VN 

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • wantedly_mark_white

copyright gushcloud, all rights reserved © 2017

〒104-0061 
東京都中央区銀座6-18-2 
野村不動産銀座ビル 5-6F
   
TEL: 03-6226-8947
info@gushcloud.co.jp

social media

gushcloud japan

#GushAcademy: インフルエンサーマーケティング業界が近い将来直面する5つの課題

December 27, 2019

 

 

各企業のマーケティング担当者は、常に進化し続けるインフルエンサーマーケティング業界に対して、柔軟に対応することが求められるようになっています。 そのため、Gushcloud InternationalグループのCEO Althea Limは、2019年の終わり社内の#GushAcademyでインフルエンサーマーケティング業界が近い将来直面する5つの課題について説明しました。

 

 

 

 

 

 

#1 Technology & Data

 

テクノロジーは現在ビジネス上において重要なカギになっています。企業やブランドは、自らの顧客を理解するには、様々なプラットフォームやデータの利用を行わなければなりません。広告会社も、そのプラットフォームを活用してお客さまに詳細な総合的レポートが求められています。企業は今後もより積極的に「生きている」データを我々に要求してくることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#2 Zero to Hero Influencers

 

新規参入を目指すインフルエンサーがInstagramやYouTubeで登録者数を増やすことは、今後より厳しくなるでしょう。さらに、現在のマイクロインフルエンサーと人気インフルエンサーとの差異が大きくなり、「大人気のインフルエンサー」を作りあげるためには膨大な資金や投資が求められることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#3 Chinese Platforms Entering The Space

 

Tik Tokなどの中華系プラットフォームは、中国以外の海外マーケット進出に成功し、さらに、今後はWeibo, Red, Kuai Shouなども同様の進出を図っています。この結果、インフルエンサーやブランドは、今後こういったプラットフォームの新しい使い方や考え方を学ぶ必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#4 Performance Marketing vs Awareness

 

世界経済の落ち込みが明るみとなり、成果を求めるマーケティング施策はより重要度を増し、認知を高めるための予算は削減されると考えられます。広告代理店やブランドは今後、インフルエンサーが行ったことに対してもしっかりとしたROIを要求する必要があります。成果報酬型で報酬を獲得しているマイクロインフルエンサーが伸張する一方、今まで通りの認知獲得を主としてきた人気のインフルエンサーはこれから伸び悩むかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#5 Live

 

ライブ配信やライブコマースは増加の一途を辿ります。プラットフォーム自体も効果を生んでくれる人たちを求めており、インフルエンサーはこれから「ライブ」上での成果を生むためのスキルの獲得が急務であり、企業も成果の出せる仕組み作りが求められるでしょう。

Share on Facebook
Please reload

Please reload

Related Articles