Gushcloudマーケティンググループがマイクロインフルエンサーネットワーク「Ribbit」を設立、クライアントにアジアでのパフォーマンス・マーケティングソリューションを提供


2019年4月23日―アジア最大級のインフルエンサー関連事業を展開するGushcloud InternationalのマーケティングユニットであるGushcloudマーケティンググループ(GMG)は、この度新たなマイクロインフルエンサーネットワーク「Ribbit (www.ribbitsocial.com)」を設立いたしました。Ribbitは今後GMGがこれまで築き上げてきたマイクロインフルエンサーとのネットワークをさらに強化・拡大させていき、世界各国のクライアントに対しより効果的なインフルエンサー・マーケティング、またパフォーマンス・マーケティングのソリューションを提供していきます。

マイクロインフルエンサー・マーケティングは、マーケターにとって、ニッチな視聴者層にリーチする効果的な手段として大きな成長過程にあります。マイクロインフルエンサーは彼らの持つフォロワーに対し強く刺さるコンテンツを日々共有し、中身のあるエンゲージメントを獲得しています。Ribbitは、ネットワークに参加していただくマイクロインフルエンサーを、コンテンツ、エンゲージメント、フォロワー等の質の観点から厳正に選定をしていきます。

「インフルエンサーの世界では、トップからマイクロまで、幅広い層があります。Gushcloudがアジアのトップインフルエンサーを起用したキャンペーンを強みとしているのに対し、私たちRibbitはクライアントがマイクロインフルエンサーを最大限活用した認知拡大、パフォーマンス特化のマーケティング戦略を実行できるよう、サービスを強化してまいります」-Cha Seungyee, Ribbit代表

現在、Ribbitは1,500名以上のマイクロインフルエンサーと関係を構築し、主に「美容」「ファミリー」「ファッション」「ライフスタイル」「旅行」「フード」「音楽」「スポーツ」「フィットネス」「ゲーム」のジャンルを取り扱っております。今後、このネットワークをGMGが展開する各国にて構築をしていきますが、まずはインドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナムから開始し、その後シンガポール、タイ、ミャンマーと東南アジアの基盤を整えたのち、中国、韓国、日本の北アジア諸国へと展開します。

#リリース

Related Articles