• Gushcloud Japan

Gushcloudが「COVID-19が東南アジアにおけるインフルエンサーマーケティングに及ぼす影響」に関する見解


7月15日, 2020, シンガポール — グローバルなデジタルタレント&マーケティンググループであるGushcloud International(以下、Gushcloud)は、東南アジアにおけるコロナウイルス (COVID-19) パンデミックのインフルエンサー・マーケティングへの影響に関する見解を公開しました。The New Normal: How COVID-19 has Changed the Fundamentals of Influencer Marketing in Southeast Asia」と題されたこの見解については、Gushcloudのウェブサイトで一般公開されています。

現在進行中のCOVID-19パンデミックは1月に東南アジア地域を最初に襲い、その後、各国に大きな影響を与えています。パンデミックの経済的影響は1997-98年のアジア通貨危機に匹敵するか、それ以上のものになると予想されている。IMFは、ASEAN5(インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム)の2020年の成長率を-0.6%と予測しており、以前の予測である4.8%の成長率から低下している(戦略国際問題研究所, 2020)。東南アジアの主要市場であるシンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、タイのインフルエンサー・マーケティングとデジタルエンターテインメント産業へのCOVID-19パンデミックの影響を探り、議論するとともに、東南アジア市場が従う基準や慣行を設定していることが多い中国と米国のケーススタディを紹介しています。

"COVID-19によってもたらされた変化は、消費者の行動に大きな変化をもたらしました。デジタルクリエイターとマーケティング業界が適応するためには、これらの変化を受け入れ、ブランドに対して新しい戦略を打ち出すために完全に採用する必要があります」とGushcloudのグループCEOであるAlthea Lim氏は述べています。

COVID-19後の世界では、視聴者はデジタル購買能力を備えており、ブランドやインフルエンサーはライブコマースやソーシャルコマースなどのeコマース戦略を新たな収益機会として活用することを検討すべきであるとしています。コンテンツの出力に関しては、TikTok、Twitch、Instagram Liveなどの新しいフォーマットやプラットフォームの採用による新たな機会が長期的に続くと予想され、ブランドやインフルエンサーは、これらのプラットフォーム向けにマーケティングコンテンツを最適化することに注目すべきである。

この地域の業界専門家からの洞察を掲載するとともに、インフルエンサー文化、特に若者のインターネット有名人との関係、オンラインでの知名度、ソーシャルメディアのポップカルチャーを研究している人類学者であり民族学者でもあるクリスタル・アビディン博士(カーティン大学インターネット研究部)とのコンサルテーションを参考にして作成されました。

"確かに、パンデミックは業界全体にとって非常に困難な時期であることが証明されています。しかし、それはまた、インフルエンサー、コンテンツクリエイター、ビジネス、ブランドエージェンシーにとって新たな機会を生み出しました。大きな変化に迅速に適応し、適応することができる業界があるとすれば、それはデジタルクリエイター業界でしょう」とLim氏は付け加えています。

「The New Normal: How COVID-19 has Changed the Fundamentals of Influencer Marketing in Southeast Asia」の詳細については、ウェブサイト(https://www.gushcloud.com/covid19whitepaper)をご覧ください。

Gushcloud Internationalについて

Gushcloud Internationalは、マーケティングとエンターテイメントに特化したグローバルな人材エージェンシーグループです。私たちは、コンテンツ、メディア、イベントのスペースでの代理・管理、ブランド戦略、マーケティング、アクティベーションサービス、メディア制作の販売・配信、ライセンス供与、重要なIPの共同制作を通じて、オーディエンスとブランドをインフルエンサーやコンテンツクリエイターに結びつけています。

Gushcloud Internationalには、Gushcloud Marketing Group、Gushcloud Talent Agency、Gushcloud Entertainment Groupの3つのユニットがあります。300人の従業員を擁し、シンガポール(本社)、中国、アメリカ合衆国、オーストラリア、インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシア、韓国、日本、ベトナムの11カ国にオフィスを構えています。

メディア連絡先:

ラファエル・リム

rafael.lim@gushcloud.com

ジョエル・リム

joel.lim@gushcloud.com

35 views

Recent Posts

See All

代表取締役の変更のお知らせ

株式会社Gushcloud Japanは、2020年7月31日開催の臨時株主総会招集決議において、代表取締役の異動に関して決議しましたのでお知らせ致します。 1. 異動の内容 新任:代表取締役 会長:上野 和孝(現 代表取締役 社長) 新任:代表取締役 社長:澤 宏明(現 取締役) 新任:取締役:イッティ・ヨッスンダラ (現 Gushcloud International Managing Par

you are currently on our japan site

visit the links below for our international branches

MY | TH | ID | PH | KR | SGUS | VN 

gushcloud japan

〒104-0061 
東京都中央区銀座6-18-2 
野村不動産銀座ビル 5-6F
   
TEL: 03-6226-8947
info@gushcloud.co.jp

social media

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • wantedly_mark_white

copyright gushcloud, all rights reserved © 2017